失恋.bar

いらっしゃいませ。ここは様々な女性の失恋の悩みを語らうbarです。

失恋したとき友達から元気をもらった言葉

calendar

さり気ない思いやりにジンとくる

私が失恋した時に、普段からよく遊んでいる年下の友達から掛けてもらった言葉は、今でも大切な記憶として残っています。

ずっと片思いだった男性から振られてしまい、3日間泣いて過ごしていたのですが、たまたまお茶をした際に友人にそのことを伝えると

「そんな男、〇〇には勿体なさすぎるから縁がなかったんだね!よかったよかった!悲しい事じゃないよ、もっと素敵な人に〇〇がふさわしいっていういいニュースだよ。」とカラっと笑って励ましてくれたのです。

辛いときの対応で、その人の真の思いが出ると思っていますが、こんな風に私のことを見守ってくれる友人がいるということが、失恋の悲しみを上回ってしまい、嬉しさでまた号泣してしまったのはいい思い出です。

友人の一言にポロリ

私は高校生の時に1つ上の先輩と付き合っていましたが、突然別れを告げられたしまいました。

泣いて泣いて目がパンパンに腫れてしまい、夏休み中の部活動に行くことも悩んでいました。ただ家にいてももっと暗くなってしまうので部活に行き、友人にお別れした話を聞いてもらいました。

黙って頷いて聞いてた友人が突然ポロポロ泣きだし、「〇〇ちゃんはこんな良い子なのに‥もったいない」と言ってくれました。私もその一言に、また涙腺崩壊で一緒に泣いてしまいました。

友人に面と向かって「良い子」と言われることがとても嬉しく、こんな風に思ってくれる子がいるんだと、その当時は、あのたった一言で救われました。

もう十年以上前の話になりますが、今でも当時の情景などハッキリ覚えており友人には感謝しています。

最期の約束。

わたしは8年同棲していた恋人に恋愛感情がなくなったから共有している生活から個々になりたいといわれ振られました。

見つけなければ良いのに裏のアカウントをみつけ、随分前から不倫していたこと、毎回飲みだとか付き合いだとかで出かけるたびに嘘をつかれていたこと、全てが赤裸々に書いてありました。

色々裏切られた気持ちでボロボロになりながらも、まだどこかで好きでいる自分に一人苦しんでいました。

もう裏切られるくらいなら恋愛したくないとまで思い、孤独にこのまま年老いて死ぬのかなとふと考えたときどうしようもない不安や寂しさで苦しくなりました。

そんな時、いつも何かあれば電話をかけてくる友人の声が聞きたくなり、普段は電話が苦手なわたしが勇気を振り絞って掛けました。

穏やかな声にほっとしたのか号泣しながら話をしました。わたしは独りで死ぬのが寂しくて怖いと。

そしたら友人は「あなたの最期は私が必ずみとるから。約束する。だからあなたは独りじゃない。」この言葉にわたしは心から救われました。

孤独死なんて大袈裟かもしれないですがあの時はどん底にいて、長く連れ添った相手の喪失で本当に消えてしまいそうだったのです。

わたしは独りじゃない。それだけで失恋の痛みから抜けるのに随分助けられたと思います。

恋愛の中で正解を教えてくれた親友の言葉

「あんな奴別れて正解だよ。」と言われました。

親友の私を悲しい目に合わせてふるなんて最低だという意味で言ってくれて、救われました。

どこに正解があるのか分からない恋愛の中で、ふられることがこんなにも悲しいとは知らなかった私は、酷く落ち込みました。食欲もなくなり、大好きなスイーツも食べたくなくなるほどでした。

そんな私に正解だと言ってくれたので、私はふられて良かったのだと思えたのです。

親友の私の落ち込む姿を見るのは耐え難いと彼女は私をそう励ましてくれたのでした。励ましてくれたお陰で立ち直り、次に彼氏が出来る為のステップだとも思えるようになりました。

持つべきものは親友だと深く思いました。親友のピンチには私も良き台詞を言ってあげたいと思います。

この人しかいないと思った相手

高校二年生から付き合って一年半の彼氏と遠距離恋愛になることになり別れを選択しました。

元彼は遠距離が終わって落ち着いたら結婚したいと思っていたそうです。大好きだったし結婚したいこの人しかいないと本当に思っていたけど私は待つことが出来ず別れを告げました。

自分から別れを告げたのに心にぽっかり穴が開いてご飯も喉を通らない何していても楽しくない日々。友達と遊んでいてもずっと上の空。

そんな私に女友達が「男なんていっぱいいる!とりあえず彼氏作ってみたら?」とか安易な考えを押し付けてきたりしました。

私は彼氏作る気はなかったので寂しさを紛らますために男友達と遊んでみました。男友達に元彼の話をしたらこう言われました。

「本当に運命の人ならまた出会って一緒になるはずだから今を楽しんだら?」と。私はその言葉で救われました。

優しい言葉で前向きになれました。

「今までよく頑張ったね。それだけ純粋に人を好きになれたんだから自信持っていいよ。次に良い縁がきっとあるから、それまで一緒に自分を磨いていこうね。私はいつでもあなたの味方だからね。」

初めての失恋でとても落ち込んでいたときに友達が言ってくれた言葉です。

毎日泣いていて、もうこの先、恋なんてしない。何もかもどうでもいいと思っていた時でしたので、すごく嬉しかったです。

素直にもう一度前向きになってみようという気持ちになりました。

私は正直、女友達という存在をあまり信じていなかったので、このとき友達に言われた言葉はすごく驚いたとともに、私もこんな風に人を勇気づけられるような人になりたいなと思いました。今でも大切な言葉です。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA