失恋.bar

いらっしゃいませ。ここは様々な女性の失恋の悩みを語らうbarです。

失恋してそれでもあきらめなかった女性の成功談

calendar

3度目のチャレンジ。

会社の同僚のことを好きになりました。ただ、彼にはひとつ特殊な事情がありました。
それはまだ27歳なの難病で余命宣告を受けていること。自分は先が長くないから相手を悲しませるだけだし、自分も辛くなるから大切な人は作りたくない。だから、誰とも付き合う気は無いというのが彼のスタンスでした。
なんだかんだモテる人でしたが、ここ数年は一切彼女を作らずすべて断ってるようでした。なので、当然私も最初は断られました。
それでも、諦められずそんな私の気持ちも知ってたまにご飯に行ったりもしてくれていました。
彼といる時は少しでも彼に病気のこととか忘れて欲しくて極力笑顔でいることに務めました。薬の副作用でしんどい時もそばに居るようにしていました。それでも2度目も振られてしまいました。
3度目は出逢って二年目の彼の誕生日。もう、これを最後と覚悟を決めて告白したら彼の方がさすがに「折れた」と言ってくれて、無事付き合うことが出来ました!

失恋してからイメチェンし見返してやった

2年付き合っていた彼氏に、理不尽な理由で振られ、かなり引きずりました。
別れた当初は悲しくて自分を責めたりしていたのですが、日が経つにつれ怒りがふつふつと湧き上がってきました。
【絶対に元彼を見返してやる】
この意思のもと、ダイエットからファッション、髪型等あらゆる情報を駆使し、半年後には近しい人間ですら驚くくらいにイメチェンしました。
分かりやすく言うと、イメチェン前の私は化粧も濃く、服装も露出高め、髪型も派手でした。
そこから化粧をナチュラルにし、女子アナがしそうな服装と髪型に変化しました。
驚くくらいに周りの人の自分に対する態度が変わり、大切に扱われるようになりました。
人間、中身より見た目なのねと実感しました。
そして元彼と再開。
私は敢えて突き放した態度を取っていました。そしたら向こうからラインや食事の誘いが頻繁に起こり、寄りを戻して欲しいと言われました。
え?それで復縁したって?
見返すのが目的で復縁は頭になかったので、お断りしました。
今は新しい彼のもと、幸せに暮らしています。

まさかの浮気…からの取返し!

大学生の頃、友達と好きな人が被りました。
先に彼から告白されて付き合い始めたのは私。けど、まさかの付き合って1週間後に友達ともデートしてその友達と付き合うことになったから別れてほしい友達と…。
まさかの失恋に号泣。もちろん、その友達とも険悪になりました。けれど、諦められなかった私は友達と付き合ってるのを知りつつもずっと連絡を取り続けていました。
彼に罪悪感を抱かせないように気にしてない振りをしたり、相談にも乗ったりしていました。
そうして1年くらい友人関係を続けながら、ふとした時にまだ好きなことをそれとなく伝えるようにしたり、でも他に好きな人を作る努力をしてる様子を見せて気を引きました。
そうしているうちに本当に彼の気持ちがこっちに向いてきて、その友達と別れてもう一度付き合いたい!と言ってもらえるまでになりました。

諦めなければ必ず叶います!

私は高校生の頃バイト先の先輩が好きでした。でも、その先輩は私の親友が好きで、私はそれを知って落ち込みましたが応援しました。
私が背中を押したこともあり告白もしたのですが失恋してしまったようでした。
先輩が失恋してしまってとても落ち込んでいた時、私は毎日先輩に連絡をして励ましました。
好きだけど側にいるだけでいいと思い、また、告白して距離を置かれたくなかったというのもあり、損な役に回ったのですがある日、2人でどんど焼きに行くことになりました。
先輩は何気なく誘ったと思うのですがそのことがきっかけで距離が急接近。その日車で2人きりで過ごすことができ、その勢いでキスまでありました。
先輩にとったらもしかしたら失恋したことから勢いでということだったかもしれませんが些細なきっかけでお付き合いして四年も時間を過ごせました!

とにかくそばにいる

大学の頃3歳年上の先輩に1度告白しましたが、「お前にもいい人がいるよ。」と見事に玉砕。先輩曰く、年上のお姉さんタイプが好きなので、年下の妹タイプの私は好みではなかったようです。
それでも諦めずに懐いて懐きまくって、最初は冗談っぽくストーカー呼ばわりされていたのが、ある日突然先輩からお茶に誘われ、それからは週に3日は先輩から誘われてカフェでお茶したり、ショッピングに出掛けたりするようになりました。
「付き合って。」の言葉はなかったけど「好き。」とか「お前といたらお前のファンに刺されるかも。」とかしょっちゅう言われてました。フラれてもめげずにとにかくそばにいたのが勝因だったと思います。見事な大逆転でした。

仲の良い後輩から

私は当時のバイト先で私より少しだけ早く入った1つ上の先輩の事が好きでした。
バイト仲間はみんな仲が良く毎週飲みに行ったりボーリングや旅行に行ったりと、とにかくバイト以外の日も遊びに行く事が多く私もその先輩も頻繁に参加していました。
ある日の飲み会の帰り、たまたま駅まで歩いて行くのが私と先輩の2人だけだったので私は酔いの勢いに任せて先輩に告白しました。
しかし先輩は私の事は意識しておらず、気持ちにも全然気付いていなかったそうで私はフラれてしまいました。
その次のシフトで先輩と会った時は少しだけ気まずい空気を感じましたが、それだけは避けたかったので積極的に話しかけたり明るく振る舞ったりしている内にお互い元の様に話せる様になっていきました。
しかし諦めきれなかった私は先輩の好きな音楽を聴いて一緒にカラオケで歌ったりライブに行ってみたり、先輩の趣味だったビリヤードを始めてみたりして、一緒に居る時間を少しずつ増やしていきました。
すると先輩も私の事を頻繁に誘ってくれる様になり、2人でも出かける事が多くなっていったのです。
そうして数ヶ月が過ぎたある日バイト仲間とカラオケに行った帰り道に先輩と2人で駅まで歩いている途中、先輩が突然立ち止まって私に告白してきたのです。
私はもちろんokし、見事先輩と付き合う事が出来ました。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA