失恋.bar

いらっしゃいませ。ここは様々な女性の失恋の悩みを語らうbarです。

その失恋ちょっと待った!相手の答えをうやむやにする方法

calendar

失恋を回避するための方法

好きな人ができて告白しても、失恋する可能性は大いにあります。でもどうしても好きで、失恋したくない場合どうすればよいか、ご説明したいと思います。

思いを伝えるまではオッケーですが、そこから答えを求めることは決してしません。返事はもらわないのです。伝えたかっただけだと言うのです。

断られそうになっても、その言葉を遮るように、言いたかっただけだからと言う。

その後は特に変わらずその相手と接し、極端に近づいたり極端に離れたりしない、あくまで普通に、今までと変わらずに接します。

相手にその気がなくても、この子は何を考えているんだろう?交際を求めてくるわけでもないし、このままでいいのかな?とモヤモヤした感情を与えます。

不思議と相手があなたのことを気になってくるタイミングを待ちます。すると、告白をして、すぐにふられてしまうという失恋をうやむやにして、回避することができます。

時間を与えないこと

失恋する時は決まって連絡が来ない、連絡が途絶えることから始まると分かった私は、とにかくマメに連絡をするようにしました。

相手との時間を作ることで、失恋への流れを変える訳です。

そうはいっても傾いた彼の気持ちが変わらないこともありました。会って話がしたいと言われたらもう終わりです。

そこで、会って話をする時に私は彼に話す時間を与えないようにします。
彼が別れを切り出しそうな雰囲気にならないようにして、有耶無耶にします。

それでも改めて別れを切り出された時は、体調が悪いと言って誤魔化します。頭が痛い、耳が痛い、お腹が痛いなどです。

そして彼に寄りかかり「今日は帰る」と言って送ってもらい、こちらも答えを有耶無耶にしてしまいます。聞く耳持たず対策です。

決定的な言葉を聞きたくない時に取るべき手段

LINEの既読スルーが増えた。もしくは返信が遅い。電話しても素っ気ない。「忙しい」と言って会える時間が少なくなった…。

付き合っている人にこんな態度を取られると、不安になってしまいますよね。

もしかして私のこと嫌いになった?他に好きな人ができた?それとも…本当にただ忙しいだけ⁇ 様々な疑惑が頭をめぐり、相手を問いただしたくなってしまいます。

もし相手のことがまだ好きでフラれたくないのであれば、問いただすことは絶対NGです。

ここで心がけるべきことは、「待機」。
つかず離れずくらいの距離で、相手との関係を保ちましょう。

そしてじっくり相手の出方を待つのです。そして、ただ待っているだけではありません。万が一別れた時の後のシミュレーションをしておきましょう。

友達との時間、1人での過ごし方。新しい相手を探してみるのもいいでしょう。
心に余裕がある人間は魅力的に見えます。

もし一時的に相手の気持ちが離れていたとしても、戻ってくる可能性だって十分にあるのです。焦らないことが、肝心です。

自分をいなかったことにしましょう

失恋する。と感じる時、誰しもあると思いますが、今までの経験が傷つく前に防衛反応として察してしまうのかもしれませんね。

心の準備が出来てない時に、相手に失恋の答えを出されるのはキツイですね。
もうなかった事にしたい、うやむやにしたい、私はそんな時こうします。

しばらく絶対二人で会わない、ラインもメールもしない

例え大人数であっても好きな相手がいる飲み会なども絶対いかない。どうしてもの場合は極力話さない、一切目を合わせない。自分の存在をしばらく消しましょう。

相手が絶対に察してくれますし、相手にとっても断るのならそのほうが楽ですし、お互い助かります。

万が一避けてる間に、相手が心変わりするチャンスも出てくるかもしれない可能性もありますし、そうなると勝手に相手が自分を探し出してくれるので大丈夫です。

あくまで自然に

失恋しそうな時というのは敏感な人であれば前触れはあると思います。
そのような時こそあまりあえてグイグイいかないようにしています。

私を振らないでオーラをだし過ぎてしまうと逆に別れが促進してしまうと思います。

他にも彼が好きな場所に旅行に行こうと良い、もう飛行機やホテルもおさえたという旨をメールやラインで送ります。

やはりこのような時は自然の流れでウヤムヤにしていかないといけないと思います。

そこで大事なのは旅行に行って一泊二日でもお互いいる時間を長く共有して必要性を感じてもらうことです。それを感じてもらえれば思いも変わることもあります。

決して直線的に問いただしたりすると逆効果になるので時間を共有して自然に元に戻るのが良いと思います。

うまく逃げましょう

とにかく最初はとことん予定が合わないということにして会うことを避けましょう

ただ、予定があわないだと気づかれる可能性もたかいので、ある程度予定が合わなかったという理由を使ったあとには、ひどい風邪をひいてしまったというような可哀想な設定を作り、時間を稼ぎましょう。

会いに来たいといわれたらうつしたら大変だからと断りましょう。そして、電話もでない。ラインも既読にしない。共通の友人には連絡しないかもしくは事情を説明し理解してもらいましょう。

風邪を引いている間は余程血も涙もない人間でなければ、そのタイミングで別れを切り出すようなことはないと思われます。

そのようなことをして限界まで引っ張り、気持ちに整理をつけるのがよろしいかと思われます。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA