失恋.bar

いらっしゃいませ。ここは様々な女性の失恋の悩みを語らうbarです。

クリスマスの後に最速で彼氏と上手に別れられる方法

calendar

恋をしていると、残念ですが時には別れたいと思うこともありますね。

理由は人それぞれさまざまですが、場合によっては、クリスマス後に別れたいとひそかに思っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、クリスマスは恋人同士にとっては大きなイベントですからいざとなるとどうしてよいかと悩むと思います。

クリスマス後に違和感なくスムーズに別れられる方法をいくつかご紹介しますので、一つのきっかけや参考にしていただけたらと思います。

クリスマス後、それぞれの帰り道に別れを切り出す

クリスマスを一緒に過ごして、楽しい気分の直後に別れを告げるのは、一見残酷にも感じますが、もし、本当にクリスマス後に別れたいと明確に思っているのであれば、クリスマスを終えて、それぞれの家に帰るときというのが一番早いタイミングです。

恋人はもちろん驚くでしょう。言い方によってはタイミングがおかしいと怒ることもあるかもしれませんが、この時は、落ち着いてどんな別れたい理由であっても丁寧に説明することが大切です。

出来ればその前に、たとえば家まで送ってもらうのであれば、途中のカフェなどによって、座ってゆっくり話すほうが効果的です。

盛り上がったクリスマスの後であるからこそ、気を配って話すことを意識しましょう。

後味の悪くない恋人との別れというのも難しいですが、一度は好きだった恋人ですから、しっかり向き合って話す姿勢を見せましょう。

なぜクリスマスの後なのかということも説明をするほうがよいです。前もってどう説明するか、考えておくとよりスムーズです。

そして、お礼をすることも忘れないようにしましょう。

通常の別れと違い、大きなイベントを過ごした後ですから、より正直に自分の気持ちを言葉にして伝え、相手に納得してもらえるようにしましょう。

クリスマスから1日おいて別れを告げる

クリスマスの帰り道に別れを告げるのが気が引ける場合は、1日おいて告げるということも方法です。

1日以上あけてしまうとタイムミングを逃してしまうこともありますから、1日程度が効果的です。

クリスマスの翌日に、メールなどで改めて彼を呼び出しましょう。場所は、落ち着ける所なら公園のベンチなどでもよいでしょう。

クリスマスの翌日というのもまだ楽しかった余韻が残っていますので、相手をより驚かせてしまうことがあると思います。ですので、この時も、丁寧に話すことが大切です。

恋人として盛り上がったイベントの後になぜという一方的な印象をどうしても与えがちですので、なぜクリスマスの後なのかということも、やはりしっかり説明しましょう。

待ち合わせ場所で彼と会ったら、遠まわしにせず、なるべく会話の最初から別れたい旨を告げて、自分の気持ちを正直に話ましょう。

手短に済ませるのではなく、楽しい時間を過ごした後だからこそ改めて1日おいたことや、やはり感謝の気持ちも一緒に伝えましょう。

万が一、クリスマスの翌日に、彼があまり時間がないようでしたら、自分の思いをよく聞いてもらえるように別の日にすることもよいです。

その際は、上記にも書きましたとおり、なるべく早めがよいでしょう。

手書きの手紙に別れたいことを書いて渡す

直接伝えることが辛いときは、メールやLINEも便利ですが、あえて手書きの手紙を作成してみましょう。

好きな気持ちを伝えるときに手書きの手紙はとても効果的ですが、クリスマスというイベントの後に別れたいということで、手紙を利用することは、案外うまく別れられる方法です。

クリスマスの日に、プレゼントと一緒に手書きの手紙を彼に渡します。プレゼントは、その場で開けてもらってよいですが、手紙は家に帰ってから読んでねと言います。

彼はおそらく良いことが書いてあるのだろうと期待をすると思いますので、冷たいやり方な気がしますが、手紙の内容には、これまでのお付き合いの感謝などを最初に書いて、その後に別れたい理由を丁寧に書きます。

なぜ手紙にしたのかなども、顔をみると辛くて言えないなど、相手に対するあたたかい言葉なども添えておくとそれほど冷たい印象にはなりません。

その後、彼からメールなどや直接会いたいなどと言われることもあるかと思います。しかし、手紙であらかじめ詳細に書いて渡しておけば、話は短めで済みます。

会うときは、なるべく早めに会うようにしましょう。

心もこもった手書きの手紙でよいことも別れ話も丁寧に書くようにしてみましょう。

クリスマスの後の別れだからこそ、相手を思いやりましょう

最後に楽しい思い出を残して別れを告げるというのは、どうしても相手をより傷つけてしまいがちです。

傷つかない別れというのもなかなかないかもしれませんが、どんな方法を使っても、相手への配慮は忘れないようにしましょう。

喧嘩などになってしまうとこちらも大変ですから、なるべく温和に終わりたいですよね。

面倒だと思わずに、必ず相手に感謝を伝えること、わかってもらうことを努力しましょう。

どのような言葉を使うかなど、ゆっくり考えておくことも大切です。

クリスマスを楽しく過ごして、お互いが極力温和に別れられるように、別れ話を切り出すときは、慎重に自分の別れたい気持ちを一方的に押し付けるのではなく、あたたかく伝えるようにしましょう。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA