失恋.bar

いらっしゃいませ。ここは様々な女性の失恋の悩みを語らうbarです。

彼女の過去の恋愛経験談を聞かされて男性が感じる事は?

calendar

特別に男性ライターの方に記事を書いていただく事が出来ました!

男性の考えを赤裸々に語ってもらってます。

以下、男性ライターの記事となります
↓↓

今回は、『彼女の過去の恋愛経験談を聞かされて男性が感じる事』を書いてみようと思います。

そこそこ長くなるかもしれませんが、最後までお付き合いくださると幸いです。よろしくお願いします。

さて、世の中のカップルの皆さんはどうお過ごしでしょうか。

別に悔しくなんかありません。いや、これホント。

筆者はついこの前失恋しました。

4年間付き合ってきた彼女だったんですけどね、今日の為にこっそり予約入れたお店を泣く泣くキャンセルしましたとも。

体験がちょっと入りますが、女性の皆さん、男性は案外嫉妬深い部分もあるのです。

その辺りも観てもらえたらなと思います。

前の彼氏は○○だったのに

ちょっとした下らない言い争いはどこでもあると思います。

先日、某ファミレスで食事していた時ですが、席の後ろから飛んできたセリフです。

これ、男からすると結構イラッとくるんです。

気にならない方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、筆者調べでは10人中7人がイラッとくると答えてくれました。

イラッとくる理由ですが、その中で一番多かったのがこれ。

『だから何なの?』

言われた時には筆者もそう感じてしまいます。

自分だけかもしれませんが、比較されている部分が何か気にくわない。

だったら前の彼氏の所に戻ったらええやん!と言い返した記憶もあります。

女性的にはこれを言うことによって何か行動であったり、態度であったり、そういったものを戒めようとしている部分があるのかもしれません。

ですがこういう時、男は頭に血が上っています。

そんな時に言われたらたまったものじゃないんです。

それで別れたという話も聞かされた事があります。

男にとって、「付き合っている彼女の前の彼氏」というのは、いわば「敗者」です。

そして今付き合っている自分は「勝者」なのです。

語弊はちょっとあるかもしれませんが、そういう意識が潜在的に潜んでいるのではないでしょうか。

改めて冷静になって考えると、ですが……。

敗者と比べられる勝者、何とも言い難い比較ですよね。

言われたことはありますが、今考えてみるとその「敗者」に対する嫉妬みたいなものがあったように感じます。

想い出の品が堂々とある

これは付き合って間もないころは仕方ないかなとも思います。

筆者はあまり気にしたことはありませんが、話を聞いた方の中にはこういうものでも嫉妬を覚えると話していた方がいました。

初めて彼女の部屋に行くとき、男ってのはウキウキ半分、緊張半分なのです。

初めのうちはそういうのがあるので、置いてあるものやそういった類の物っていうのはあまり頭には入ってきません。

ですが時間が経つと、緊張ってどんどんほぐれていきますよね?

そんな時に目について興味を惹かれたら、それについて聞いてしまう方も中にはいらっしゃいます。

聞いたケースでは、その思い出の品というのは置時計でした。

ベッドサイドというのでしょうか?サイドテーブル?

そういう所に置いてあったもので、アンティーク調の目を惹くものだったとのことです。

そしてその置時計の裏には、なんと前の彼氏と撮ったプリクラが貼ってあったそうです。

それだけならまだよかったかもしれませんが、何とこの置時計についての想い出が止まることなく彼女の口から流れてきたそうです。

しかもさらに悪いことに、付き合ってすでに一年以上は経過したカップル、それでこの状況って……。

付き合って数か月とかでこれならまだ平気かもしれません。

ですが一年以上経って「まだそんな想い出大事にしてるのかよ」と思い、ちょっといじけるのも男です。

想い出は大事なんですけどね、分かります。

名前を間違えられる

これは男性も女性も十分気を付けておくことではないでしょうか。

別れた後すぐに付き合い始めたカップルに多いのではないかなとは思います。

または前の彼氏(or彼女)が忘れられない彼女(or彼氏)さんとか……。

何もカップルであるから、というわけではないですが、名前を間違うというのはそもそも失礼なお話。

オンでもオフでも修正が利かなくなるということも多々あります。

これも軽く嫉妬の感覚が渦巻きます。

自分と付き合ってるのにまだ前の相手のこと覚えてるの?的な。

付き合い初めに一回や二回ならまだ可愛いものですが、一年以上経過してるのに間違えられたっていうケースがありました。

よっぽど前の人が大きい存在だったんでしょうねぇ。

言われたら言われたでそう感じるものがありますが、本当に「いつまで引きずっているんだよ」という考えですかね。

いや、少し違いますね。

「今自分といるのに、なんでまだ前の相手がお前の中にいるんだよ」という感じの方が正しいかもしれません。

何しろ嫉妬ですから。

男性はこれでもすねちゃいますからね。

しかもこういう感じのすね方をされると回復が面倒なのです。

物で釣るわけにもいきませんし、時間が解決、なんて悠長なこと言ってたら悪化する可能性も否定できません。

そういった場合は素直に謝るのがベストではないでしょうか。

男性も女性も!

ざっくりまとめる

『彼女の過去の恋愛経験談を聞かされて男性が感じる事』をテーマに書いてみましたが、いかがでしたか?

案外男という生き物は嫉妬するものなのです。

あっけらかんとしていても、実は内心傷ついていたり、嫉妬の炎に身をこがしていたり(笑

ただそういう時はすねることも結構あるので分かりやすいかもしれませんね。

ここには書くことができませんでしたが、恋愛経験談に派生する写真、香水、アクセサリーなんかも聞いた話ではよく出たキーワードでした。

特に匂いに関しては記憶を蘇らせたりする作用もあるとかないとか。

ただ、彼女の過去の~というテーマですが、男性にも女性にも読んでもらいたいです。

筆者だけかもしれない感覚と感じましたら、そういう人もいるんだな程度に思ってもらえると幸いです。

なるべく嫉妬せずに生きていきたいですね。では!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA