失恋.bar

いらっしゃいませ。ここは様々な女性の失恋の悩みを語らうbarです。

年上の男性に振られる女性の特徴や行動は○○が原因!?

calendar

年上の男性とラブラブだったけれど思い掛けず振られてしまって傷心中の人いませんか?

なぜ振られてしまったのか?自分の何がいけなかったのか?なんて考えると訳が分からなくなっている状態の人いませんか?

このブログではそのようなことで困っている人が少しでも救われるようなお手伝いをしていきます。

自分では気がつかなかったことがたくさんあったのかもしれません。

もしこのブログで気づけたのなら、気持ちを切り替えて次へと向かいましょう。

出しゃばりではありませんでしたか?

まず筆頭に挙げられるのは「わたしが○○してあげる」「わたしが○○する」といったような出しゃばり行為をしていませんでしたか?

大好きな男性のために何かをしてあげたい気持ちは誰もが持っていますが、それが度を超えると相手はうんざりしてきます。

男性が年上の場合は、年下の女性のために自分が何かをしてあげたいという意気込みが同年代のカップルよりも強くなるものです。

それなのに女性が出しゃばりで前に押してくると、男性のそうした意気込みを奪い取ってしまうことになりかねません。

年下であることに引け目を感じて、男性と同年代の女性に負けないような自立心を見せたいう気持ちは分からないでもないのですが、

まずは男性の気持ちを尊重して自尊心を潰してしまわないようにしましょう。

「女性は男性の後ろを3歩下がって歩く」なんていうほど大袈裟である必要はありません。

あまり自分を前に出しすぎずほんのちょっと控えめにして、男性が自分を必要としていると感じたらさりげなく手を差し伸べる、という気遣いさえあれば大丈夫です。

その匙加減が難しいと思うかもしれませんが、あまり気張らず責任感を負いすぎないようにしていれば大丈夫なんです。

ほんのちょっとは年上の男性に甘えちゃいましょう。

知ったかぶりをしていませんでしたか?

次に考えられるのは「知ったかぶり」です。

物知りの年上男性から馬鹿だと思われないようにしよう!がっかりさせたくないから無理をして会話に入っていこう!と思うと、こういう行為に出やすくなります。

しかし男性はそういう女性の心理を見抜いていることが多く、そのような気遣いが逆にがっかりさせてしまいます。

最低レベルの一般常識を知らなかった場合はさすがに困ってしまうのですが、そうではない日常会話ならば特に無理をして知ったかをする必要はありません。

知ったかをしたところで会話が深く掘り下げられると矛盾が生じるので、大抵は見抜かれてしまいます。

会話をする上で重要なのは、物を知っているということではなく「相手に気持ちよく話をさせる」ということなのです。

それなのに自分を賢く見せたいがために知ったかをしてしまうと、そしてそれに相手が気付いてしまうと、決して印象はよくありませんよね。

人生を長く生きている年上の男性には、年下の女性よりも物を知っているという自負があるものです。

知らないことは「正直に知りません、だから教えてください」といった流れにしていった方が男性の自尊心を傷付けずに済みますし、会話も広がります。

物知りさんを演じて男性と対等にいたい見栄を張るのはやめましょう。

無意識に経験豊富をアピールしていませんでしたか?

最後に挙げられるのは「経験豊富のアピール」です。

○○に行ったことがある、○○をしたことがある等が多いと、男性は寂しく感じてしまうものです。

自分と一緒に経験したかったのに既に先を越されていたという敗北感にがっかりしてしまうでしょう。

何もしたことがない生娘です!といった嘘をつく必要はもちろんありません。

しかし相手は年上の男性ですから、年下の自分よりも基本的に経験が豊富であると考えるのは普通のことです。

そのような年齢による立場が逆転してしまわないような配慮が必要なのです。

経験豊富をアピールして世間知らずではないと思わせたい心理があるのかもしれません。

またはそういうつもりはないけれど普通に話していることがアピールになってしまっているのかもしれません。

しかし男性は意外にも繊細な人が多いのです。

経験豊富で頼りがいのある年上自分をアピールしようとしたら、実は女性に先を越されていた、なんて事態に内心はショックを受けてしまうでしょう。

経験豊富エピソードにも様々ありますが、特に気をつけたいのは男女にまつわる可能性があるエピソードです。

○○に泊まったことがある、○○のレストランに行ったことがある等は、例え相手が女性であったとしても、男性としてはもしかして男と行ったのではないか?という疑惑を持ちかねません。

そのようなことから不信感が生じたりしてしまいますので、充分に気をつけることが必要です。

背伸びをせず素直な自分でいましょう。

年上の男性とお付き合いをしていく上で必要なのは何なのか。

それは「相手にときには甘えて、素直でいること」です。

背伸びをして男性と同世代の女性と張り合う必要はありません。

年上の男性と対等になるよう頑張る必要もありません。

あなたそのものが魅力なのですから、その「いま」を大切にしてください。

男性から「ちょっと気が利かなくて、ものを知らなくて、経験もあまりないけど、素直で可愛い」と思われるくらいが丁度良いと割り切ってしまいましょう。

変に気張ったりしてしまうと自分も相手も疲れてしまいますからね。

そうなると長続きはしません。

自然と一緒に楽しい時間を過ごしていけるように、素直な自分でいましょう。

このブログが傷心中のあなたの心の救いになれれば幸いです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA