失恋.bar

いらっしゃいませ。ここは様々な女性の失恋の悩みを語らうbarです。

辛い失恋でお酒を飲みすぎると与えるお肌の悪影響を知ろう

calendar

失恋をしてしまうなどつらいことがあった後は、少しでも今の状態を楽にしたいと言う気持ちからついついお酒に手を出してしまうことも多々ありますよね。

もちろんその気持ちはとても自然なことで、たくさんの人がそうしていることと思います。

ただし、本来であれば自分の心を楽にするために飲んでいるお酒ですが、きちんとした知識がないとかえって逆効果になってしまうこともあるのです。

それらの知識をきちんと入れて、お酒とほどほどに上手に付き合っていくことをお勧めいたします。

睡眠に影響が

まずお酒を飲み過ぎてしまうことで1番心配なのは睡眠への影響です。

お肌の再生にとって最も大事と言われている睡眠。

どんなに高い化粧水を使っても十分な睡眠には到底釣り合わないと美容界では言われていることです。

もちろんお酒をたくさん飲んでその後とてつもなく眠くなってしまってたっぷり寝たといったような状況があるかもしれません。

ただしお酒を飲んだ後の睡眠の質は通常の良質な睡眠とは全く質が異なってしまうのです。

お酒は飲んだ後は、お酒のアルコール分が体の中でまず毒素として扱われます。

そうです、お酒も飲みすぎると毒と言うのはやはり本当なのです。

たくさん寝ている間にも、体が休まる余裕が全くなく、この大量に摂取した毒素を体の外へ出そうと必死に動きます。

この時に体の中の水分をたくさん使ってしまうのです。

美しいお肌に最も大事なのは水分です。

そのお肌にとって大切な水分を、体がお酒で摂取してしまった毒素をデトックスするのに大量に使ってしまっているため、美しいお肌を維持するための水分がどんどん失われていってしまいます。

十分な睡眠が取れないことによって、お肌のコンディションはとてつもなく悪くなってしまうので、要注意です。

精神面に影響

次にお肌にとって大事になってくるのが、精神面です。

お肌はとってもデリケートなので体の健康状態が良いだけでは美しいお肌を保つことができません。

体やメンタルのストレスによってコンディションが変わってしまう位、お肌は大変デリケートなのです。

失恋してしまってお酒を大量に飲んで少しでも精神を癒そうと思われたのかもしれませんが、これはかえって逆効果なのです。

もちろんお酒を大量に飲んでいるときは、思考が停止してしまうので何も考えなくてよく、一時期は少し楽になったような気がするかもしれません。

ただしお酒を飲んだ後は体の不調が出てきたり、具合が悪くなってしまったり、お酒を飲んだことによって自分の取った行動に後悔したりと、実はお酒を飲む後の方が状況が悪化してしまっていることの方が多いのです。

これによって最終的に、自分の気持ちを落ち着かせるために飲んだはずのお酒ですが、帰って精神状態が悪くなってしまうことの方が多いと思います。

そうなってしまうと今度はお肌にも影響してしまいます。

今より状況が悪くなってしまってストレスが溜まってしまうとお肌には一発でそれらが現れてきてしまいます。

そうするとこれらのお肌のコンディション良くするためにさらなる努力が必要となり、お酒を飲み過ぎてしまったことの罪悪感にさいなまれると言う悪循環に陥ってしまいます。

お化粧の落とし忘れ

そして何よりも、お酒をたくさん飲んでしまった後にありがちなのが、メイクをしたまま寝てしまうということです。

皆さんいちどは経験があるのではないでしょうか。

お酒をたくさん飲んで、家に帰り着くのもやっと、なんとか家にたどり着いても、そのままベッドまで倒れ込むように歩いていくのがやっと、といった状況は意外と多いのではないかと思います。

雑誌やネットの記事でもメイクを落とし忘れてしまうのがお肌にとって良くない事は散々書かれているかと思いますが、改めてなぜお化粧を落とし忘れてしまうことがよくないのかまとめてみます。

まずお肌と言うのはすっぴんの状態でも汚れが自然と溜まっていくものなので毎日の洗顔は欠かせません。

お化粧と言うのは、お肌にとって負担でしかありません。

大量の油や薬品を肌に塗り付けて 1日すごしているわけなので、それらのお化粧成分は、毛穴を塞いでしまうだけではなく、毛穴からから少しずつ化粧も入っていってしまうのです。

本当であれば1秒でも早くお化粧が落としてしまうべきなのに、お肌が再生する睡眠時間までもお化粧をつけたままでいると、毛穴がふさがってお肌が呼吸できないばかりではなく毒素をどんどん吸収してしまいます。

お酒よりも他の方法を

失恋をしてしまってついついお酒に手を出してしまう事はよくあることで、気持ちは大変よくわかります。

ただしお酒を飲むことによって出てきてしまうマイナスの影響をよく理解し、できることであればお酒に変わる他の手段も取り入れてみると良いのではないでしょうか。

例えばストレスの解消法として挙げられるのがスポーツです。

スポーツなどをして体を動かすと、人間の脳みその中では幸福成分がたくさん作られ、ストレス解消などにつながると言われています。

どうせお酒に時間と健康とお金を費やすのであれば、1日だけでもいいのでジム等に加入することをお勧めいたします。

ほんの1日だけでも環境ががらりと変わり今までやったことのない新しいことを始めることができるので、ストレス解消だけでなく良い気分転換にもなり新しい一歩を踏み出すことができるでしょう!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA