失恋.bar

いらっしゃいませ。ここは様々な女性の失恋の悩みを語らうbarです。

義理チョコと思わせて実は本命!?バレンタインのちょいテク

calendar

バレンタインも近づいてくると本命の相手にチョコレートをぜひ渡したいと誰もが思うものですよね。

それでも本名のチョコレート相手を呼び出してわざわざ渡してしまうとなると相手を身構えさせてしまい、なんだか重い人だなと言うふうに思われててしまうのではないかと、そういった心配もありますよね。

そんなとき、さりげなく義理チョコかな?と思うせる位の感じでチョコレートを渡してみましょう。

相手の男性もきっと気軽にチョコレートを受け取ってくれるはずですよ。

あくまでもさりげなく

まず最初のポイントとして、あくまでさりげなく渡しましょう!

どうしてもお目当ての彼の前だと緊張してしまって、話しかけづらかったりしますよね。

でもだからといって、彼とは直接会わずにロッカーや下駄箱の中にチョコレートを入れたりするとかえって重いなと言うふうに思われてしまうかもしれませんので注意が必要です!

あくまでも「義理チョコだよ」と言うような前提で渡すのであれば、さりげなくさらっと渡すことが1番のコツだと思います。

例えば職場や学校で毎日のように顔を合わせる彼なのであれば、ちょっと立ち話をしているときにまるで思い出したかのように「そういえばバレンタインだねこれ一応」「バレンタインデーチョコレートが食べたくて作ってたら作りすぎちゃったからあげるね」などと相手が気楽に受け取れるような言葉を添えて渡すと良いのではないでしょうか。

「ちょっと話があるんだけど、、」「渡したいものがあるから後で来て」といった言い方は、相手を身構えさせてしまうのであまりお勧めはできません。

また相手の前では緊張してしまってなかなか難しいかもしれませんが、コツはあくまでさりげなくなので普段の会話の中でサラッと渡して、渡した後はいつも通りの態度でいましょう!

みんなに義理チョコ配る

相手に義理だと思ってもらうわかりやすい方法として、他の人にもたくさん義理チョコを渡すと言う方法があります。

気になっている彼の前でたくさんの人に義理チョコまとめて配れば、当然彼も自分には出されたものが義理チョコだと思うでしょう。

ただ、やはり気になる相手には心のこもった他のチョコレートとは違う本名のチョコレート渡したいですよね。

そういうときにはラッピングだけ同じにして中身を本名のチョコレートにして彼に渡してしまいましょう!

例えば手作りがあるのであれば、彼に渡すチョコレートだけ豪華な特別仕様にしてみたり、チョコレートを購入するのであれば、彼のものだけ自分が特別に選んだデパートのチョコレートを上からラッピングしてしまえば良いのです。

他の人にもチョコレートを渡しているあなたの姿を見て、彼は気軽にあなたのチョコレートを受け取ってくれるでしょうし、みんなのためにチョコレートを作って配っているあなたの好感度もさらに上がりますよ。

基本的に男性はバレンタインにチョコレートをもらえるだけでありがたいと思っている人も多いようです。

そんな時にわざわざみんなのことを考えてチョコレートを作ったり買ったりしたということだけでもイメージアップにつながると思いますよ!

何かのついでにさっと渡す

もう一つ効果的な方法としては、もし頻繁に合わない相手なのであれば何かのついでに渡してしまう手があります。

例えば、相手に何かを借りているのであればこれはもう絶好のチャンスです!

借りているものと一緒にさりげなくさらっとチョコレートを「お礼の気持ちだから」と言って渡してしまったり、もし相手のお誕生日や何かお祝い事が近いのであれば、あえてバレンタインのチョコレートといった意味合いではなく、相手に対するおめでとうの気持ちと言うことでお菓子を渡すこともできますよ。

もしくは、人伝いに渡してもらうという方法もあります。

どうしても直接会って渡すとなると相手が身構えてしまったり重たいと思われてしまう可能性がありますよね。

そんな時は、さりげなく共通の知り合いなどに託してみるのも方法だと思います。

例えば学校が一緒でたまたま相手に会えなかった日があったとしたら、共通の知り合いに「これ今日みんなに配ったんだけどいなかったから、、」と言ってさりげなく相手に渡してもらいましょう。

こういう時こそ共通の知り合いの力を借りてみるのも1つの方法ですよね。

こういうときのためにも日ごろから相手からものをさりげなく借りたり共通の知り合いを作っておくと良いでしょう。

大事なのは相手に渡したいと言う気持ち

何よりも1番大事なのは相手にチョコレート渡したいと思ってあなたの気持ちです。

相手の為を思ってチョコレートを作ったり選んだりそういった時間はドキドキして非常に楽しいですよね。

相手にチョコレートを渡す時もその気持ちをぜひ忘れないようにしていて下さい。

バレンタインのチョコレートは相手に気持ちを伝えるための 1つの手段に過ぎないのですから。

ただ、バレンタインの日に告白する人があまりにも多いので、できるのであれば相手に重い人だななどと思われてしまうような誤解は避けたいところですよね。

だからこそチョコレートをさらっとさりげなく、そして何よりもバレンタインが終わった後もあなたの気持ちをいろいろな方法で伝えて付けるということが大事なのではないでしょうか。

東京六本木の洋菓子店【LOUANGE TOKYO】

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA