失恋.bar

いらっしゃいませ。ここは様々な女性の失恋の悩みを語らうbarです。

バレンタインにチョコを渡せなかった女性の悔しい体験談

calendar

勇気が出なかったバレンタイン

当日に備えて、バレンタインの準備、少しでも好きな部活の先輩に近づけるように、と思い 高いデコパーツを買い、包装も高いものを購入。そして、中身は手の込んだブラウニーにしました。

バレンタイン当日の朝、先輩に渡しに行くことを 他の女の先輩に話したところ、「一昨日、〇〇くん彼女ができたんだよ、バレンタインの前に女の子の方が告白したみたいだよ」との情報。

もう、ショックで仕方なかったのですが、女の先輩に、「せっかくだから渡せばいいよ」と言われました。

けど、きっと今が一番ラブラブな時期だろうし、と考えたり 色々考えて行くうちに、どんどん億劫になってきて、とうとう渡すことはできませんでした。

ブラウニーは、親友にあげました。 今思えば、先輩の言う通り あげてしまえばよかったなぁと思います。苦い思い出です。

少しの勇気があれば変わっていたのかな?

私は1つ年上の先輩に恋をしていました。その先輩に一目惚れをしたことがきっかけです。

ただ通学路が一緒なだけで、全く接点がなく自分の存在に気づいてもらうことはなかったのです。

そしてバレンタインの日、私はこれは先輩が卒業してしまう前の最後のチャンスだとチョコレートを作り、通学路で待ち伏せをしました。

待ち伏せをしたのはいいものの、どうしてもすぐ渡すことが出来ずに先輩の後をつけるしかできません。

一人だと緊張するからと友だちも付き添ってくれていたので、「今だよ」と背中を押してくれるのですが、渡したくても自分の足がまったく動かず渡すことができませんでした。

私はチョコレートを家に持ち帰り、「この日を逃したら告白を後押しするイベントはないのにな、どうして勇気を少しだけ出せなかったのだろう」もしかしたら友だちにぐらいなれたかもしれないのに・・・

と悔しい思いを感じながら自分でチョコレートを食べたのでした。

気合いを入れて作ったのに

中学生の頃、好きな人がいました。陸上部で足の速い人でした。

私は、バレンタインにチョコレートをあげて、告白しようと考えていて、私はお菓子作りが得意だったので、ザッハトルテを作って渡すことに決めました。

バレンタイン前日、ザッハトルテ作りを開始しました。いつもより丁寧に時間をかけて作った甲斐があり、とても上手にできました。

そして、バレンタイン当日。ザッハトルテをカバンに入れて学校へ向かいました。

放課後にザッハトルテと手紙を渡して告白するつもりでした。しかし、予想外のことが起きました。

机の中にザッハトルテをしまっておいたら、放課後になる頃には暖房のせいで溶けてどろどろになっていました。

せっかく気合いを入れて上手に作ったのに台無しとなってしまい、結局どろどろに溶けたザッハトルテは渡せず、告白もせずにそのバレンタインは終わりを迎えました。ちょっと悲しい思い出です。

初めての手作りチョコ

私が初めてバレンタインにチョコを作ったのは小学生の時でした。

友達と家に集まり、ドキドキしながらチョコを作りデコレーションをし、かわいい箱に入れ、後は翌日学校で好きな人に渡すのみ。

朝から学校内は、甘い香りとドキドキが混ざった変な空気でした。

その中で私も好きな人に渡そうと朝から緊張していたのですが、相手が学年一の人気者、ライバルが多く休み時間のたびに他の子に次々に呼び出されていました。

私もチャンスを伺いましたが、他の女の子の圧力に負け、ついに渡す事が出来ませんでした。

一生懸命作り前日からドキドキしながらも楽しみにしていた私はとてもショックで学校の帰り道に大泣きしました。

仕方がないことでしたが、この思い出は今でも忘れられません。

まさかのインフルエンザ

学生の時、大好きな彼の為に時間を掛けてガトーショコラを手作りしました。

バレンタインの日に会って渡す予定だったのですが、夕方になり彼からメールが。

「ごめん。インフルエンザにかかったみたいで、今日は会えない。」

まさかのバレンタイン当日にインフルエンザにかかった彼。手作りだったので、取っておくわけにもいかず1週間会えないので、結局彼には渡せませんでした。

彼の為に作ったガトーショコラは悲しくも、父親の胃袋の中へ。

「美味しいな。」と父親は言ってくれましたが、なんとも切ない気持ちになりました。この時ほどインフルエンザを憎んだことはありません。

そして、数日前に彼と会っていた私もインフルエンザになり、彼とはしばらく会えませんでした。

一生忘れられないバレンタインになりました。

渡す勇気があったら変わっていたかも

中学のとき、同じクラスに好きな男の子がいました。

小学校から学校が同じで、小5の時にクラスが一緒になってからケンカ仲間のような関係で仲良くなりました。

好きだと自覚したのは小6のころ。それ以来ずっと気持ちを伝えられずにいました。

中学二年のバレンタイン、今年こそ気持ちを伝えようとチョコを用意。

さすがにいきなり手作りは驚かれると思い、既製品ではありましたが・・・。

学校の方針でチョコを持ってくると没収されるため、放課後まで部室にこっそりかくしておきました。

いよいよ放課後になり渡そうと彼の様子をうかがっていましたが、彼は男女ともに人気があり、なかなか一人になってくれません。

結局そのままチョコを渡すことができませんでした。

しかし、成人式の際久々に再会し、そのことを伝えると彼も当時私のことが気になっていたとのこと。

あの時勇気を出して伝えていたら運命は少し変わっていたのかもと少しだけ後悔しています。

東京六本木の洋菓子店【LOUANGE TOKYO】

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA