失恋.bar

いらっしゃいませ。ここは様々な女性の失恋の悩みを語らうbarです。

【失恋】ときには精神科の力を借りるのも当たり前のこと

calendar

失恋をしてしまうと、眠れない食べれない何も手につかない、ひょっとしたらこのまま自分が死んでしまうのではないかといった気分に襲われることもありますよね。

安心してくださいそれはあなただけではありません。失恋で大げさだなんて周りがいても気にすることはありません。

あなたが落ち込むのは当然のことであり、ときには精神科の力を借りることも当たり前の手段だと思います。

風邪をひいた時があって病院に行けば早く治りますよね。

精神科も内科と同じように普通のことです

ます覚えておいていただきたいのは、精神科に通うと言う事は全く恥ずかしいことではないと言うことです。

精神科に通う方には様々なバックグラウンドの人がいます。失恋してしまって心がとても辛いといった状況は非常に自然なことだと言うことを覚えて置いておいてください。

体に不調が出てきてしまった時は皆さん当たり前のように内科の先生に行きますよね。足を骨折した時は外科の先生ですね。

人間の体は肉体と精神の2つでできています。精神の具合が悪いときには精神科に行くのは当たり前のことなのです。

もちろん、あなたと同じように失恋で辛い思いをした方が精神科にはたくさん来ている事かと思います。

失恋ごときで精神科なんておおげさだなんて考える必要はありません。あなたが辛いと思ったらそこに助けてくれる人がいるのです。

もちろん、まだまだ世の中の精神科医に対する偏見が大きい事は無視できない事実ですよね。

自分が精神科に通っていることを言うか言わないかは完全にあなたのプライバシであり自分自身で決めて良い事ですよ。

例えば仕事や学校休まなければいけない場合は、どのように説明したらいいかなど精神科の先生に相談すればアドバイスをもらえることかと思います。

精神科にもいろいろ自分に合ったものを

精神科と一言に言ってもいろいろな種類があります。

少し色の力を借りてみようかなと思ってみたときに、どういった治療が自分に合っているのか、ということをよく知っておくことが大事だと思います。

実際にどういった治療してくれる場所があるのか、実際にはどういったことをするのかということの事前知識があれば、助けを求めに行くこともハードルが低くなるのではないでしょうか。

失恋でで精神科なんて大げさだと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、失恋であっても「自分で乗り越えるのが辛いな」と思ったときには勇気を出して医療の力を借りることも大事だと思います。

まず1番一般的なのが薬の処方もしてくれる心療内科です。

ここではカウンセリングがメインではなく、何かの観点から精神安定剤や睡眠導入剤などの薬を処方してくれます。

こちらは病院によって対応が大きく異なることも多いので事前に評判の良いクリニックなどを調べておくのも良いでしょう。

その他にあるのはカウンセリングです。

これは言葉の通りカウンセラーのところに通って話を聞いてくれることによって今の辛い状況乗り越えることをサポートしてくれるものです。

薬などに対して怖いなと言うイメージがある方はまずはカウンセリングから始めてみると良いのではないでしょうか。

苦しい時期はすぐ終わる、いずれ卒業目指して

先ほども述べたように、失恋をしてしまって自分では乗り越えられそうにない時に精神科の力を借りるのは決して悪いことではありません。

そして精神科に通っている最中に意識をしてほしいのは、ここはいずれ卒業する場所だということを認識しておくことです。

あくまで失恋して落ち込んでしまっている時期は自分の中で一時的なものなので、今は少しの間だけそれを乗り越えるために医学の力を兼ねているというふうに考えると気持ちも楽になりますし、回復も良くなってくるのではないでしょうか。

もちろんいつ卒業するかということについては先生と相談しても良いですし、自分の中で大まかなスケジュール予定を立てても良いでしょう。

もちろん精神的にすごく辛いときには先のことなんて考えられないこともあると思います。

そんな時は無理に期間を設定しなくても大丈夫です。ただこの辛い時期はいつまでも続くものではない、いつか必ず終わりが来ると言うふうにポジティブに考えることが大事では無いでしょうか。

1つだけ要注意なのは、精神科の先生が、具体的な卒業の時期に対しての話をしてくれない場合です。

先生も患者と一丸となって回復に向けて進んでいってくれるパートナーとなってくれる方を探すと良いでしょう。

少しでも早く治るように1つの手段として考えてくださいね

精神科に通うのポイントなどをいくつかまとめてみました。でもあくまで精神科に通うのは1つの手段です。

自分が行く必要がないと思うのであればもちろん誰に勧められても無理に行く必要はありませんよ。

ただ覚えておいてほしいのは、自分が思っている以上に自分が回復するのを手伝ってくれる人たちがいると言う事。

焦ってどうにもならないと思わずに、医学に助けを求めてみるのも1つの手段です。

今、本当に失恋してしまって心も体も辛いあなたに少しでも早く楽になるように、そしてあなたがこの辛い時期を乗り越えるに方法が少しでも広がれば良いなと思います。

人の力でも病院の力でも人の力を借りて立ち直ることは誰にでも必要になってくることです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA